ドラゴンボール改と鋼の錬金術師の第1話

ドラゴンボール改と鋼の錬金術師の第1話をとりあえず見た。

ドラゴンボール改

ドラゴンボールドンピシャ世代としてはまたアニメ化されると聞いてやっぱり気になるもので見ました!
で、見ての感想ですけど

どっかん!どっかん!

でした。
(本当はDokkan(英語表記)だけど。)


OPとEDは全く新しいので絵も新しかったですね。
絵はいいとしても歌はやっぱりちゃ〜ら〜、へっちゃら〜のほうがテンションが上がるというか、こういう感覚はドラえもんが新しくなったときの感覚に似ているなあと思いましたね。

そして本編は地デジに合わせて上下カットなのかな。
デジタルリマスターで再編集して綺麗になっているとはいえ絵自体が古いのでちょっとボケボケに感じましたね。

そして声も新録だそうで、皆さん頑張っているのは分かっているけどやっぱりちょっと厳しいモノがあるというか。
特にブルマさんがね。
まあでもキャスト自体はほとんど変わっていないので慣れるでしょう。

で、個人的に一番期待しているのがスピーディーな展開になるということで。
Zの時は気を溜めたり、かめはめ波を打つまで30分とか平気で引き延ばしたのでそれが無くなるであろうことに期待してます。
リアルタイムで見てたときはほんと長いなあと思いながら見てましたしw

それに今日の1話で悟空達とラディッツが対面するところまで行きましたからね。
テンポ良く行ってくれればいいと思います。


早くベジータ出てこないかなあ。


ただどうせやるなら本編の絵もOP・EDのようにまったく新しく作ってくれれば良かったのにと思いますけど、それはやはり予算とかの関係なのかなと勝手に想像と・・・


鋼の錬金術師

原作も前作のアニメも全く見てない初見でしたけど、ガンダム00の声優が結構出てましたね。
なのでちょっと違和感有りと。

で、某掲示板などを見ていると前作から声優が相当変わったらしいのでその違和感があって厳しい意見が多かったような感じかな。
あと原作準拠なのかそうでないのかと話も。

その辺は全くの初見でついていけないのでこれ以上は書けませんけど、初見者の意見としてはギャグ要素の面もあったので楽しめそうな感じ。

肝心のストーリーはこれから見ないと分からないので見ていくしかないかと。
ただ1話から登場人物が多すぎて何が何だかさっぱりというのは否めなかったな。

あとは原作準拠で話を進めてくれればこのままアニメを見るけど、そうでなかったら一気に原作を読んでしまおうかなと思ってしまったのが率直な感想。
作品自体は前から知っていたので読んでみたいと思っていましたし。
なので1話、1話のレビューは書きません。

しばらくは様子見になりそうかな。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック
アームストロング少佐とヒューズ中佐萌えアニメの新シリーズが始まりました(ぇ。
  • 荒川キャッチデイ
  • 2009/04/05 8:15 PM