日本のブログの4割がスパムブログ

ニフティのマーケティング分野の社内研究機関「ニフティ研究所」によると、
日本のブログの4割がスパムブログであることがわかったそうです。

ニフティ、スパムブログのフィルタリング技術を開発

ここでいうスパムブログというのは、アフィリエイトで広告収入を得ることや、
特定のサイトへ誘導したりすることを目的として生成されるブログのことです。

確かにブログ検索等を見ると、こういったスパムブログという言われる類のブログをよく見かけますね。
まあ、見たとしても一瞬で切ってしまうので、そのブログのリンクをクリックしたりすることはありませんが。

よく見るのはコピペブログと記事リンク集みたいなブログかな。
大手ポータルサイト等のニュース記事をただコピーしているブログや、
ニュースタイトルと記事へのリンクをたくさん載せているだけのブログ。

ほんとよく見かけますし、トラックバックスパムでよく来ます。


ああいうブログはツールで作成されているものが多いので、
それらを作っている人達にとっては機械的作業をただこなしているだけなのでしょうが、
トラックバックスパムを受ける純粋なブロガーたちにとっては迷惑なものでしかないです。

たまに本当にただコピペしただけで、
どのサイトやブログにもリンクを飛ばしてないスパムブログを見ますけどあれは何をしたいのでしょうかね。
強制クリックのコードとかも入ってないですし。


結局こういうニュースが出たということは、
迷惑メールと一緒で、こちらもそろそろ淘汰される時代になってきたでしょうかね。
ホームページを作れない人でも簡単にブログを作れるようになってしまった今では当然の流れなのかもしれません。

スパムブログの大半は無料ブログサービスによるものが多いと思われるので、
ブログ運営サービス等が対策を講じてくれない限り減らないのは確実でしょう。
逆に対策してくれれば結構減るとは思いますけど。

どちらにせよ、こちらもイタチごっこかな。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック