Amazonのほしい物リスト騒動

Amazon.co.jpの「ほしい物リスト」という機能から、
ユーザーの個人情報を閲覧できることが騒動になっている。

Amazonはちょくちょく利用してますし、
「ウィッシュリスト」から「ほしい物リスト」という機能になったというのは偶然知ってましたけど、
まさかこんなことになってるとは。

今、実際にAmazonでこの機能を利用しようとしても対策が講じられているからか検索できませんけど、
対策前に2chでスレをたまたま見つけたのでやってみたら確かにできましたね。
試しに自分の名前であるかなと思いやってみたら自分と同姓同名の人を確認しました。

今回問題なのは「ほしい物リスト」に商品を登録するとデフォルトで全てのユーザーに公開になってしまう設定でしょうかね。
自分の欲しいものが名前やメールアドレスから辿れるようになっていたわけですから、
自分の知らないところで他人から「ほしい物リスト」を探られてしまうわけで。

中には人には知られたくないものを追加してた人もいるでしょうし。
しかも、Amazonにアカウントを登録する場合本名の人も多いでしょうし。
2chを見てたら有名どころのサイトやブログの管理人であろう人たちの本名と思われる名前も出てましたし。

機能的に使ってなかったのでこれが便利なのかどうなのかはよく分からないですけど、
個人情報にうるさい昨今、Amazonがどう対処するのかが注目でしょうか。

「ほしい物リスト」をリストを利用していてリストを公開したくない人は、
設定を非公開に変えたほうが良いかと思われます。

やり方は、ここのページとかが参考になると思いますが、
元々リストを利用してない人が非公開に設定したい場合は、サインインして一度商品をリストに登録しないと設定変更の画面にいけないみたいです。
自分でやってみたらそうでしたので。


アマゾン「自分がほしい物リスト」 全部公開されて大騒動(Yahoo!ニュース)

アマゾンジャパンが運営している書籍販売サイト「amazon.co.jp」にある「ほしい物リスト」の情報が
インターネットユーザーにすべて公開されていることが明らかになり、騒動になっている。
「ほしい物リスト」は欲しい商品を登録して友人などに知らせるサービスだが、
非公開に設定しない限りネット上の不特定多数に「自分がほしい物」が分かる仕組みになっていた。

「ほしい物リスト」(「ウィッシュリスト」から名称を変更)は、欲しい商品を登録して友人などに知らせるサービス。
同サイトで名前やEメールアドレスを打ち込むと、その人がどんな商品を「ほしい物リスト」に加えているかが一目瞭然にわかる仕組みになっていた。

「ほしい物リスト」は、非公開あるいは特定の人に公開するように設定内容を変更することができるが、
デフォルトでは全てのネットユーザーに公開している状態になる。

ユーザーのなかには、自分がほしいと思った商品の「覚え書き」程度に「ほしい物リスト」に
加えていた人も多数いた模様で、自分の趣味・嗜好といったものが公にされてしまうなどとして、
インターネット上で騒動が起こっている。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック