Internet Explorer 7の自動更新

毎月恒例のWindows Updateと一緒に今日2月13日は前々から言われてた、
Internet Explorer 7の自動更新開始の日です。

パソコンを起動したら早速きましたね。
自動更新が。

インストール時にインストールするかしないかの選択肢もありました。
普段はほとんどIEを使ってないのでどうしようかと思いましたがインストールしちゃいました。

前にも他のパソコンで使ったことがありますけど、
別のタブブラウザを使っていたこともあり、あまり使い勝手が良くないので使ってませんでした。
今日もちょっと起動してみましたけど、やっぱり・・・

IE7にはタブ機能や他にもいろいろな機能が追加されましたが、
ロースペックのパソコンにはIE6と比べると重くてきついような気がします。
XPのパソコンを使っている人はロースペックからハイスペックまで幅広いでしょうけど、
何も知らないでインストールして重いなどの不便さを感じる人が出てくるような気がします。

ただ、一度インストールしてもアンインストールできるようですね。
あと、IE7の自動更新をブロックする方法もあるようです。

インストールはそれぞれの判断でというやつでしょうか。


他の人のブログ等や掲示板なども見てもあまりいい話を聞かないInternet Explorer 7ですけど、
タブ機能に関しては歓迎ですかね。
IE6までですと新しいリンクを開いたときは新たにInternet Explorerが立ち上がってしまいましたけど、
タブ機能だと同一画面内でページを切り替えれるので便利です。

こうしてブログやサイトを作っていると、リンク先のページを同一ページで開くようにするか、
新しいリンク(target="_blank)で開くようにするか迷いがちなのですけど、
タブブラウザならページをたくさん開いても不便でないですからね。

そういう意味では普段IE6を使っていた人がIE7になってtarget="_blankのリンクも押しても
多少はイライラしないようになるかなと思います。

個人的にはタブブラウザを知ってしまうとIE6には戻れないのですけどね。


今回の自動更新でIE7の使用率が必然的に上がるでしょうけど、
どのくらい上がるでしょうかね。

ブラウザのことをある程度知っている人は今回インストールしないケースもあるでしょうけど、
PC初心者のように普段からIE6しか使ったことがない人は、自動更新するでしょうからね。

ちなみにアクセス解析でこのブログの今年(1月1日〜2月12日)のブラウザの種類の比率を調べてみたら上位はこんな感じでした。


Microsoft Internet Explorer 6 65.61%
Microsoft Internet Explorer 7 22.04%
Firefox 2.0          16.81%
Safari             2.39%
Opera             1.19%
Microsoft Internet Explorer 5  0.80%


思ったよりIE7を使っている人が多いなあと思ったのですが、
これはWindows Vistaを使っている人がいるので納得ということで。
今回の自動更新でどのくらい数字に変化が出るかまたしばらくしたら調べてみようかなと思います。


ブラウザはInternet Explorerだけではなくいろいろありますから自分に合ったものを使えばいいと個人的には思います。
その中でもIE系ならSleipnirでGecko系ならFirefoxが人気でしょうか。
どちらもタブブラザなので使いやすいと思います!
知らない人はお試しあれ・・・・。


カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir




 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック