<< サッカー日本代表、ハリルホジッチ体制初戦勝利! | main |

ハリルジャパン、ウズベキスタンに5-1と大勝!

サッカーの国際親善試合ウズベキスタン戦は、青山のスーパーミドルで先制した日本が5-1と大勝。
ハリルホジッチ体制となってから連勝スタートを切った!

日本 5-1 ウズベキスタン

得点
1-0 青山敏弘(前半6分)
2-0 岡崎慎司(後半9分)
3-0 柴崎岳(後半35分)
3-1 トゥフタフジャエフ(後半37分)
4-1 宇佐美貴史(後半38分)
5-1 川又堅碁(後半45分)


2-0になった時点でほぼ日本の勝ちは決まったと思ったが、そこから両チーム合わせて4点も入るとは思わなかったし、結局5得点もするとはね。
ハリルホジッチ監督が、呼んだ選手を起用するというのを本当に実践したのは見事だったのと、交代した選手がそれに応えて結果を出したのが良かったかな。
ザッケローニは選手交代で上手さを見せることが出来なかったけど、ハリルホジッチには期待できそうな2試合だったな。

試合自体は、青山のワールドクラスのシュートで先制と、幸先良くスタートし、前線からのプレスと縦に速い攻撃をするという意識の高さは見られたかな。
特に縦パスの意識の高さはこれまでと比べ物にならないくらい変わったのと、ワントップに入った岡崎に再三ボールが出てたのが印象的だった。
これまではトップに当てるという攻撃があまり見られなかっただけに、この辺りの変化も早速見られたのは嬉しいのと、岡崎がよく頑張ってたなあと。体小さいのによくボールを収めてたわ。

あとは途中から入った柴崎、宇佐美、川又にゴールが生まれたのが良かったな。
特に4点目の宇佐美のゴールは、本人もそうだろうけど、見てるこっちも待望のゴールだったし、ゴールの内容も素晴らしかったからなあ。次にも期待だ。

で、その宇佐美のゴールを見習って欲しいのが乾ね。
結構な数でチャンスがあったけど、ことごとくチャンスを潰してたのは残念。
この人はほんとシュートだけなんだけどな。

そして青山の効果的な縦パスがかなり目立ってたので、永井を見たかったのが攻撃に関しての今日の心残りかな。
香川と本田に関してだけど、香川はまずまずで本田は動きが鈍かったという印象かな。


守備に関しては攻撃に比べると心配気味かなあ。
簡単に相手にシュートまで持って行かれたし、ウズベキスタンの雑さに助けられた感は大いにある。
こっちは3年かけてじっくりと底上げといった感じだな。


次は6月のワールドカップアジア2次予選まで代表の試合がないのが何だか勿体ないと思うのは自分だけだろうか。
今回の2試合でいい形が見られたし、ここで時間が空いてしまうのは非常に残念ではある。
それと、アウエーでの試合も見たいしな。
今年は予選と東アジアカップで手一杯なのかな?

いずれにせよ、次の予選の時に誰が呼ばれて誰が外れるのか。
アギーレの時より競争意識を植えつけた印象はあるので、この3ヶ月近くで選手がどう変わるかが楽しみだ。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック