ガンバ大阪が天皇杯も制して三冠達成!

サッカーの第94回天皇杯はガンバ大阪が3-1でモンテディオ山形を下し5年ぶり4度目の優勝。
JリーグJ1、ナビスコカップと合わせて2000年度の鹿島アントラーズ以来の三冠を達成した。

ガンバ大阪 3-1 モンテディオ山形

得点
1-0 宇佐美 貴史(前4分)
2-0 パトリック(前22分)
2-1 ロメロ フランク(後17分)
3-1 宇佐美 貴史(後40分)


ガンバが三冠達成。
山形も健闘したけど、試合開始早々に先手を取ったガンバが要所要所で得点し天皇杯制覇と。

試合自体は山形がボールを持つ機会が多かったし、チャンスも幾度もあったので傍目から見た感じ内容的差はそこまでと思えたが、最後の得点するところでJ1とJ2の差が出た感じだったかな。

フィニッシュまで行くスピードの速さはやはりガンバのほうが優れてたのと、宇佐美、パトリックの強力ツートップがしっかり役割を果たせたのがね。
中でもパトリックにことごとくボールが収まったのが一番大きかったかなあ。
競り合いでもポストでもパトリックに分があって、そこから次のプレーに繋がった結果得点が生まれたし、山形としてはパトリックを封じれなかったのが敗因だったかと。

山形は先制点もそうだけど、一点返して押せ押せの時にアクシデントで一人少なくなったところを宇佐美にとどめを刺されたのも痛かったな。
ただ、健闘はしたと思う。来年のJ1でプレーオフ昇格組としてどこまで踏ん張れるかだ。

優勝したガンバはやっぱり余裕があったかな。
もっと攻めるかと思ったけど、山形に攻めさせた印象を受けたし。
それと宇佐美とパトリックはさすがでした。ここが機能するとガンバは強いわ。

来年このメンバーでJリーグやACLを戦うのか分からないのと、ACLでどこまでやれるかは見てみたいのもあるけど、宇佐美はまた海外挑戦しないのかなあ。これだけ活躍してたら海外の目も放っておかないと思うのだけどな。
それとアジアカップに連れて行って欲しい。正直今のコンディションの悪い香川なら宇佐美のほうがいいと思うのだけど・・・
あのショート力はやはり魅力だ。


来年はいきなりアジアカップからスタート!
いきなり連覇がかかる大舞台で始まるけどどうなるかだ。当然目指すは優勝だろうし。
ただ、今日も天皇杯の会場に来てたアギーレ監督の去就がね。こっちがどうなるか不透明なのも心配と。


余談だけど、今日の解説でゲストで出演した豊田はしゃべりが上手かったな。
解説やってた福西のお株を奪ってたと思うし、引退後は解説者としてイケるわ。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック