Jリーグ優勝争い&セレッソ降格

J1第33節でガンバ大阪が首位に立ち、最終節で決まるJリーグ優勝争いはガンバ、浦和、鹿島の3チームに絞られた。
一方、セレッソ大阪が鹿島に敗れたためJ2への降格が決まった。

ガンバ大阪 3-1 ヴィッセル神戸
サガン鳥栖 1-1 浦和レッズ
セレッソ大阪 1-4 鹿島アントラーズ


NHKで鳥栖-浦和戦をやってたが、浦和リードのアディショナルタイム、最後の最後で鳥栖の小林がCKからゴールを決めて引き分けに。
そしてガンバが神戸に快勝したため、勝ち点で浦和を上回り首位に。
J1優勝争いはガンバと浦和と鹿島の3チームに絞られた。

浦和逃げ切るかと思いきや最後の最後でマモノさん現る!
鳥栖の小林は助演賞を貰ってもいいくらいのゴールを劇的に決めたな。

これで首位に立ったガンバが俄然有利になったかな。
次節の相手はアウエーとはいえ最下位徳島だし、得失点差でも浦和を大きく上回ってるから、今日みたいに勝てば文句なしで優勝だ。

一方浦和は今日勝ってれば最終節をまだ有利に戦えたけど、現実的に考えてちょっと優勝は厳しくなったかな。
前節落として興梠がいなくなって点をとれなくなったのがモロに響いてる感じだな。
PKの1点ではさすがに厳しいか・・・
ちなみに次の相手はホームで名古屋と。

鹿島はミラクルが起きないと無理なのでさすがにね。
ただ、ミラクルが起きたらそれはそれで面白いけど。


ガンバは三冠が見えてきたなあ。
Jリーグの相手は徳島だし、天皇杯の相手はJ2の山形と格下で、相手に恵まれてる感はどうしても否めない。
今日の試合も宇佐美、パトリックが点を取ってここ最近の勢いを保って来てるからな。
よほどのことがない限り順当に行けばどっちの試合も勝つでしょう。
盛り上げるという意味では徳島と山形には頑張ってもらいたいとは思うが・・・

あとは宇佐美かな。
やっぱりシュート上手い!
このシュートの上手さだけでも代表に呼んで欲しいくらい今日の2ゴールは素晴らしかった。
ほんとチャンスくらいはあげて欲しいな。
ただ、アギーレ監督が告訴される可能性があるので、日本代表監督もどうなるか先行き不透明になるかもしれない・・・


セレッソJ2降格

タレントは揃ってるけど、どういう訳だか勝てずに降格してしまうときは降格する。それが今年はセレッソに当てはまってしまった。
フォルランが来て、開幕当初は優勝候補と言われたのだけどな。
良い選手が多いだけに草刈り場になってしまうのは避けられないかな。

フォルランも退団をほのめかすなどセレッソでは今季限りになりそう。さすがに年俸高くてJのチームに移籍は厳しそうだし。
好きな選手だけに単純に見れなくなるのは残念だけど実力の世界だからな。
ただ、最後のほうはベンチ入りすらなかったのは妥当だったのか疑問に思ってしまうけど。
セレッソサポではないので何とも言えないな。


J1最終節は12月6日(土)15:30全試合同時キックオフ!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック