日本、ネイマールに4ゴール決められブラジルに完敗

ネイマール劇場でした・・・

日本 0-4 ブラジル

得点
0-1 ネイマール(前18分)
0-2 ネイマール(後3分)
0-3 ネイマール(後32分)
0-4 ネイマール(後36分)

GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)(Cap)
DF 3 酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)
   6 森重真人(FC東京)
   16 塩谷司(サンフレッチェ広島)
   21 太田宏介(FC東京)
MF 7 柴崎岳(鹿島アントラーズ) → 15 鈴木大輔(柏レイソル)(後39分)
   17 森岡亮太(ヴィッセル神戸) → 4 本田圭佑(ミラン/イタリア)(後0分)
   22 田口泰士(名古屋グランパス)
FW 8 田中順也(スポルティング・リスボン/ポルトガル) → 13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)(後24分)
   9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ) → 11 柿谷曜一朗(バーゼル/スイス)(後33分)
   19 小林悠(川崎フロンターレ) → 14 武藤嘉紀(FC東京)(後7分)


日本の先発メンバーを見ればわかると通り、アギーレにとっては例えブラジル戦であってもアジアカップに向けたメンバー選考のための試合だったということかな?
その辺が日本人の感覚とは違うところかと思うが、滅多に強豪国と試合できない日本ということを考えると、現時点でのベストメンバーで戦って欲しかったというか、ジャマイカ戦と起用するメンバーが逆だな。

試合に関してはディフェンスラインを高くしたのにカウンター対策が何ら出来てなかった日本の守備が全て。
失点パターンが一緒すぎて萎えた。
まあ、ブラジル相手でこのフォーメーションじゃ中盤がスッカスカになるのは目に見えてたのと、柴崎、森岡、田口がボールを取られればカウンターを喰らうのは分かってはいたが、あんなにスペースを与えてはどうしようもないわな。

それと田口をアンカーに置いたのが失敗だったかな。
途中細貝が入って結果的には細貝でも失点はしたけど、それでも田口の効かないすぐ諦める守備よりは細貝がいたほうがまだ効いてた。
中盤を3枚にするなら守備力ある人を置かないとだ。

個人的には森岡が何も出来なかったのが残念。
前半だけだったけど、正直いたの?という印象だったな。


0-4で良かった選手を探すのは難しいかもしれないけど、太田、武藤は光るプレーがあった。
そして岡崎はあとちょっとというプレーもあったし、プレー自体にブラジル相手でも余裕があったな。

本田に関しては後半から入ったけど、本田がボールを持つとブラジルの選手が2人ついてきた分さすがに厳しかったな。
それに対して日本はネイマールに豪徳しかつかなったのが不思議で・・・
案の定けちょんけちょんにやられて4点取られましたよとw

あとは川島かな。
必ずしも川島のせいではないのだけど、ブラジルとは相性が悪いと思う。


結局ブラジル戦もテストだと思えばこんなんもんかなと。
勝つつもりでやるなら、もっと全体をコンパクトな布陣にしてもっと守備を意識しないとだ。
まあ、あまり悲観的にはなりたくないな。

次は11月14日に豊田スタジアムでホンジュラス代表と、18日にヤンマースタジアム長居でオーストラリア代表と対戦。
誰が外れて、誰が呼ばれるかな!?


ブラジルはどうだったのかな?
メンバー的には結構ガチだったと思うけど、先日アルゼンチンとやったばかりだったからさすがに手を抜いてた感は否めなかったかな。
でも、やっぱりネイマールは上手い。
けど、ワールドカップ以上にネイマール依存が大きいような気もした。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック