ザックジャパン、ベルギーに逆転勝ち!

完全アウエーのベルギー戦に勝利!
内容的にもベルギーに勝ってたと思う。

ベルギー 2-3 日本

得点
1-0 ミララス(前15分)
1-1 柿谷曜一朗(前37分)
1-2 本田圭佑(後8分)
1-3 岡崎慎司(後18分)
2-3 アルデルワイレルト(後34分)

先発、交代選手
GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
DF 3 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ) → 15 今野泰幸(ガンバ大阪)(後41分)
   6 森重真人(FC東京)
   21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
   22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
MF 4 本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
   8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ) → 9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)(後0分)
   10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) → 13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)(後37分)
   16 山口螢(セレッソ大阪) → 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(後0分)
   17 長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)(Cap)
FW 11 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) → 18 大迫勇也(鹿島アントラーズ)(後18分)


先日のオランダ戦は後半が良かったけど、今日のベルギー戦は2失点したとはいえ、内容的にもベルギーを上回ってた試合だったのでは。
格上の強豪相手に引き分けで終わらず、しっかり勝てたことが進化の証というか、進んで行く方向性は間違ってないというか、オランダから2点取って、ベルギーからは3点取って、10月の欧州遠征では無得点だったのは一体何だったのかというのが率直な感想だ。
その辺がサッカーの醍醐味なんだろうけど、メンバーもさほど変わってない中、これだけ内容の違うサッカーをされるとね。
どうしても不思議に思ってしまうのだけど、事態としては好転してるので良いこととしたいな。

今日の試合に関しては、また不用意なミスから先制点を許したけど、柿谷のゴールで同点に追いつき、後半入った遠藤→本田のゴールで逆転、そして素晴らしい連携から岡崎のゴールが生まれて、3点とも流れの中のゴールで勝った試合になった。
これまでだと、FKなどの飛び道具で得点するケースが多かったけど、強豪相手に3点とも流れの中からゴールが生まれたのは評価したいな。
オランダ戦の2得点も良かったけど、今日のベルギー戦の得点も良かった!

中でもオランダ戦の大迫に続いて柿谷が1G1Aの活躍をしたのがデカい。
柿谷はアジア相手では得点できたけど、その後の欧州や南米相手だと出来なかったのが懸念となってたが、今日の活躍でまた盛り返したな。
大迫といい、1トップで争う二人がこうして結果を出したのは嬉しい悲鳴になるし、本大会まで切磋琢磨してもらいたい。
FWの枠2つはほぼ決まりかというくらいのインパクトは二人共残したな。あと一人だれになるかという感じか。

そして今日先発した中では、1点目をアシストした酒井宏樹がトータル的にも良くなってたな。
これまでは守備に難有りだったけど、1失点目以外では大きなミスもなかったと思う。

対して左の酒井高徳は良くなかった。失点は川島のミスもあるけど、高徳の対応も何だかだったし。
こちらは長友を脅かすまでには行ってなかった。

森重は守備は良かったと思うけど、ディフェンスラインでのボール回しと攻撃においての縦パスを出してピンチを招くパターンが何度かあったのが気になった。何とか守って失点にはならなかったけど、明確な課題だな。
それでも今後も先発から試して欲しいかな。

清武はちょっと影を潜めた感があるのと、川島は失点の判断とボールの球出しが雑なのが気になったかな。

あとは後半遠藤がベルギー戦でも効いた!
今日は長谷部がフル出場して、山口と遠藤が半分ずつだったけど、遠藤が入ると攻撃のリズムが変わるし、実際今日も本田のゴールをアシストするなど良い方向に向かってる。
山口が好パフォーマンスをしてくれてるのが大きいけど、3人の起用を上手くすることが日本にとって一番の好材料になりそうだ。
やっぱりボランチの役割は大事だし、長谷部と遠藤の組み合わせで90分はやはりディフェンス面において不安があるので、90分走れる山口を軸にして上手く起用するやり方がベストなのかもしれないな。
現にオランダ、ベルギーという強豪相手に機能したので、このやり方を今後も試して欲しい。

今遠征においての大きな収穫は大迫、柿谷のFWの活躍と、このボランチの起用法だと思う。


本田、岡崎はゴールもして結果を出したので問題ないのと、香川がちょっと目立ってない感はあるけど、それでもボールを持った時の存在感はさすがだったかな。
ちょっとゴールから遠ざかっているから気にはなるけど大丈夫だと思う。
たまに本田とポジションチェンジをして相手を撹乱させてみればどうかなとは思ったな。


失点に関してはどちらも防げてる失点かな。
1失点目は川島の判断ミスだし、2失点目はCKで集中が途切れた所をまたやられてしまったからな。
ただ、またCKからの失点なので、セットプレーはホント集中してもらいたい。


ともあれこの2戦で1勝1分けなら好結果でしょう。
ただ、ワールドカップ本戦を考えると、これくらいの結果を残さないとグループリーグは突破できないけどな。
でも、苦手なアウエーでこの結果と内容は再び前を向けると思うし、今年最後の試合を良い形で締めくれれたのは良かったと思う。


ベルギーはフェライニよりもアザールがいたほうが脅威だったかな。
それとコンパニがいたらもっと苦戦してただろう。
ただ、失点こそしなかったもののサイドから突破されるシーンは多々あったのは見逃せないし、もし本大会で当たったら今日みたいなもんじゃないのは確かだと思う。



フランス大逆転で本大会進出はちょいと驚いた。
残る2枠はウルグアイとメキシコかな。さすがに点差が大きいもんな。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック