日本、後半追いつきオランダとドロー

柿谷が決めてれば勝てた試合だったなあ。

日本 2-2 オランダ

得点
1-0 ファンデルファールト(前13分)
2-0 ロッベン(前39分)
2-1 大迫勇也(前44分)
2-2 本田圭佑(後15分)

先発、交代選手
GK 12 西川周作(サンフレッチェ広島)
DF 2 内田篤人(シャルケ/ドイツ) → 21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)(後34分)
   5 長友佑都(インテル/イタリア) → 3 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)(後28分)
   15 今野泰幸(ガンバ大阪)
   22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
MF 4 本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
   8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ) → 10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)(後0分)
   9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
   16 山口螢(セレッソ大阪)
   17 長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)(Cap) → 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(後0分)
FW 18 大迫勇也(鹿島アントラーズ) → 11 柿谷曜一朗(セレッソ大阪)(後28分)


10月の試合と比べたら内容的にも遥かに良かった。
まあ、前半内田のミスとも言えるプレーで先制を許し、ロッベンのスーパーゴールで追加点を許した時はまたかと思ってしまったけど、大迫のゴールで1点差に迫れたのが大きかったな。

そして、後半に香川と遠藤が入ってボール回しに余裕が出来たのと、何よりオランダのデヨングが下がって本田が自由になれたのが両チームにおけるこの試合の分岐点だったかな。

デヨングが下がるだけでオランダがあそこまで何もできなくなるとは思わなかったわ。
デヨングに中盤を支配されてて前半本田が何も出来なかったけど、後半は香川が入ってオランダディフェンスに捕まれにくくなったのと、遠藤の縦パスがオランダの嫌なところを散々突いたのが非常に効果的だったな。
おかげで先述の通り本田のプレーに余裕が出来た結果、2点目の素晴らしいゴールが生まれたわけだし。

2点目は本当に素晴らしかった!



それと、後半の守り方が良かった。
ボールを奪う地点を約束事にしたか分からないけど、早め早めにケアしてボールを取れたおかげで、再三日本のチャンスに繋ぐことが出来てたな。
出足が良いと攻撃も活性化されるわ。

あとは柿谷が決めてれば・・・
日本が勝ち切れない点がホントこれに集約されてる気がする。
というか柿谷なら決めてるはずのプレーだったのになあ。勿体ない!

今日の試合だとFWの序列が大迫、柿谷になったかな?
大迫は下がるまで良かったし、オランダ相手に点という結果を出したのがデカい。
ベルギー戦でも恐らく先発だろうな。


他気になった点として、裏を取られる回数が多かったかな。
特に内田の右サイドから何回かやられたのが気になる。
今日の試合に限ったことじゃないだけに何とかして欲しいのはあるな。


あとは、

・岡崎滑りすぎw
・割と本気で前半長谷部、後半遠藤を試して欲しい。
・新ユニフォームは青がより鮮やかになった感じ
・松木さん舌好調でうざかった


今日勝てなかったのは残念だけど、代表の方向性としては良い方向に向いたのではないかと。
これで俄然ベルギー戦が楽しみになってきたわ。

ベルギー戦もいい試合になることを期待だ!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック