ジュビロ磐田が初のJ2降格

ジュビロ磐田が94年のJリーグ参入以降、初めてのJ2への降格が決定した。

去年はガンバで、今年はジュビロが降格か。
J1で優勝経験があるチームでも落ちる時は落ちるな。まあ優勝時とメンバーも状況も違うから一概に言えないけど、名門と言われるチームが落ちるのはやはりインパクトがある。

ジュビロの降格の原因はいろいろあると思うのだけど、序盤から躓いてると最後まで巻き返すのはやはり難しいようで。
ジュビロの場合はやはり5節で17位になってからは3度16位に上がったことはあるけど、それ以降もずっと17位と順位は変わらず降格が決定してしまった。
大分も5節で最下位に落ちてから1度以外ずっと最下位だったし、今16位にいる湘南もやはり5節で16位になってからは1度15位になってるけど、その後はずっと16位と、まだ降格は決まってないけど15位の甲府とは残り3試合で勝ち点6差とかなり厳しい状況にいる。

順位の推移を見てる感じだと、実際降格争いを意識するのは中盤から終盤にかけてなのだろうけど、10節くらいでも該当順位にいる場合はかなり意識してないと結局最後までということになりそうな感じだなあ。


ジュビロは来季ガンバや神戸のように1年で復帰できるか?
やはり問題は前田、駒野、山田、伊野波ら代表級の選手の去就次第かな。
軸になる選手がこぞって移籍とかだとさすがにJ2の波に飲まれそうではある。
でも、来年のワールドカップを考えると選手自身としてはJ2でやるよりもJ1でという意識が強いと思われるけどな。
ヘタしたらほんと草刈り場になりかねないな。


そして、ジュビロが降格したことで前田さんのデスゴール伝説も終了か。
注目されて、まさかの自チームが降格というのはちょっと皮肉めいたものがあるけど、前田のゴールと降格との因果関係があるわけではないからな。
もし前田の初ゴールが前田のオウンゴールとかだったらそれはそれで指摘されそうだけど、今年の初ゴールはレッズだったし。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック