松井秀喜引退

朝起きたらほとんどのテレビ局(安心のテレ東以外)で引退会見を生中継してたけど、本当に引退しちゃったんだな。
寂しいなあ。

レイズを解雇されてから去就が決まってなくて、それでも報道ではどこどこが松井に興味かとあったから来季の去就も決まるのかと思ってたら引退と。

個人的には正直日本に帰ってきてのプレーが見たかったので非常に残念に思ったけど、メジャーで区切りをつけるのも引き際の大切さなのかな。それに膝の状態も芳しくなかったかとも思えるしな。
これだけの選手だけに引退を決断するのも相当大きなモノだったと思う。

松井秀喜といえば甲子園の5打席連続敬遠から始まるのかな。
あの試合は確かリアルタイム見てた記憶があるのと、試合後もニュースとかで何度も見た伝説のシーン。
星稜が負けたため甲子園では大きな成績は残せなかったけど、巨人に入ってからは球界代表する4番バッターになり、NPB最終年には50本塁打も記録。
日本人で50本打ったのは松井以降いないと思うけどいるのかな?おかわり君も50本には届いてないはずだし。
間違いなく90年代以降最強のスラッガーだと思うな。

メジャーに行ってからも日本にいる時ほど本塁打は量産できなかったけど、それでも日本人唯一の30本以上を記録してるし、何よりヤンキースの中心選手として活躍。
2009年にはワールドシリーズも制し世界一になると共に松井自身もMVPを獲得。
メジャーでも頂点を極めてと、実力はしっかりと発揮してくれた。
ヤンキースを退団してからはケガの影響もあって好成績は残せなかったけど、野茂、イチローに次ぐ日本人におけるメジャーでの成功者ではなかろうか。
成績についてはウィキとか見れば凄さは十分わかるはず。

それと、たらればになるけど、松井は日米通算507本本塁打を打ってる。
この時点でも日本人歴代7位にランクインするのだけど、もしずっと日本でやってたら多分700本は超えてたと思うな。
もしかしたら800本も夢ではなかったかもしれない。
それくらい凄い選手だと思うし、メジャーで松井の本塁打記録を超える日本人選手がいつ現れるかと思うとちょっと想像がつかないというか。

そういう選手が引退なのでやっぱり寂しいというか、今年は金本や小久保、城島、石井琢朗も引退したし、サッカーでもゴン中山が引退と、トップクラスの大物の引退が相次いだ年になったなと。

一つの時代が終わったのを例年以上に思える年だ。
あと、ひとつ思うのは引退試合はないのかなと。
しなきゃだめな選手だと思うのだけどな。というかさせてあげたいし見たい。


今後の松井がどのような活動をするかはまだ分からないけど、来年には第一子誕生の報道もあった。
本当ならめでたいし、男の子なら期待しちゃう部分もあるな。
それに松井自身にも指導者という期待もどうしてもしちゃうけど。
このままフェードアウトするように思えないというか、周りがそうはさせないというか。
何かしらの形で野球には関わっていくと思うな。


20年間お疲れ様でした。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック