コリンチャンスが1-0でチェルシーに勝利(クラブW杯決勝)

予想通りの1点勝負だったけど、攻守に拮抗してて面白い試合だった。

コリンチャンスが 1-0 チェルシー

得点
1-0 パオロ・ゲレーロ(後24分)


勝ったのはコリンチャンスだったけど、フェルナンド・トーレスが決めれなかったほうが目立ったかなあ。
でも、MVPを取ったコリンチャンスのGKカッシオが当たってたからな。
それにコリンチャンスは決定的ワンチャンスをきちんとモノにしたし。

試合自体はやっぱり欧州と南米のレベルの高さが証明されただろうか。
他の大陸チャンピオンに比べると明らかに差があったしな。この2つの地域との差はまだまだ大きいわ。

内容的にはもっとチェルシーが押すかと思ったけど、コリンチャンスも負けてなかった。
特に後半はコリンチャンスのほうが優勢だったし。
それとタイムアップの笛が鳴った時、ベンチを含め選手みんなが本当に嬉しそうだったのが何だか良かった。この試合に懸けてるのが見てても伝わってたし。
さらにコリンチャンスサポの声援もあってか、まるで日本でやってる雰囲気でなかったしな。日本で発煙筒なんてありえないし。
選手たちがブラジルに帰ったらまたお祭りなんだろうなw

一方敗れたチェルシーはやっぱりトーレスかなあ。
特にゴールを揺らしたけどオフサイドになった後半のヘディングが決まってればね・・・
もうちょっと我慢してればと思ったけどな。明らかにオフサイドだったからな。
その前のフリーでのシュートもそうだけど、こっちはカッシオがしっかり止めたからな。

トーレスが決めれないのをみるとチェルシーに足りないのはやっぱりFWなのかと。
こりゃアブラモビッチさん、ファルカオ獲得に本腰入れちゃうかなとも単純だけど思ってしまうなあ。
あと、ダビド・ルイスが泣いてたのは印象的だった。


クラブワールドカップ2012の結果は以下のとおり

優勝 コリンチャンス
2位 チェルシー
3位 モンテレイ
4位 アルアハリ
5位 サンフレッチェ広島
6位 蔚山現代
7位 オークランド・シティ

MVP カッシオ(コリンチャンス)
得点王 佐藤寿人(サンフレッチェ広島)


佐藤寿人得点王か。

次回大会はモロッコでの開催なので日本ではありません。
ちなみにその次の2014年大会もモロッコ開催が決まっている。
今度日本でやるのはいつになるやら。

・選挙速報の画面下のバーいらなかったわ。おかげで画面が小さかった。
・さんまが謝ってた。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック