大谷翔平、日本ハム入りを表明

ドラフト会議直後は日本ハム入りはゼロと言っていてメジャーに行くものだと思ってたら、日本ハムとの交渉を何度か経て、大谷が下した決断は日本ハム入団と。

本人が言う前に日ハム入団を表明へとマスコミが既に報じてたので、改めて本人が表明しても大きな驚きはなかったのだけど、これが今日逆にメジャーに行くと行ってたほうが今となっては驚きになってかもしれない。

それにしても日本ハムは交渉でよく入団へ持っていったものだ。
その辺は大したものだと思うのと、これで2年連続でドラフト1位を無駄にしなくて良かったねと。

大谷自身に関しては決断を尊重したいとは思う。
ただ、メジャーに行くと言っての一転だから批判が起こるのは仕方ないかと。
あとは大谷自身がプレーでそれを見返して、しっかり活躍して、ポスティングなりFAなり実力でメジャーに行けるよう頑張ればいいだけのこと。

ひとつ思うのは、若くしてメジャーに行くなら、英語をペラペラに喋れないとかなり厳しいとは思うな。
これがいきなりメジャー契約なら通訳とか付くのだろうけど、1Aからスタートなら通訳も付かないだろうし、野球をする以前にアメリカでの生活というものに苦労して出遅れるような気はする。
そう考えるとサッカーの宮市は高校卒業してイングランドに行ってプレーしてるから大谷も問題なかったという指摘もあるかもしれないけど、18歳のメジャーリーガーって早々いるものではないだろうし、サッカー選手以上にメジャーリーガーというものはハードルが高いと思われる。
まして大谷もマイナーからのスタートだろうし、リスクを考慮しての日本でのプレーを選んだのだろうな。
それと日本ハムの実績か。

何しろダルビッシュという最高の実績があるし、日ハム自体も今シーズンも優勝しており、投手陣のレベルも高い。
球団のメジャーへの理解もあるだろうし、日本でやるなら日本ハムが最適なのかもしれないな。
やっぱりダルビッシュの実例が要因として相当大きかったかと。
ダルビッシュは日本でのプレー7年でメジャーに行ったし、大谷も同様の活躍をすればメジャーに行けるだろうしな。
ここの差は他球団と大きな差だったかもしれない。
今回のケースが日本ハムではなくて他の球団だったらメジャーだったかもしれないしな。

そして投手でダメで打者に転向しても糸井というこれまた良い実績が日本ハムにはある。
いずれにせよ大谷には可能性があるんだよな。
なので、プロでの活躍を期待したい。

道民としては明るい話題なのでウェルカムというか、札幌ドームに見に行きたくなる要素にはなるよな。
ただでさえ毎日ニュースや情報番組で日ハム情報は流れるから、いやでも大谷フィーバーになることは確実なんですけどね。


ただ、ひとつ問題なのは、今回のような入団の在り方かな。
「大谷方式」と言われるような密約説も噂で出てるし、密約がないとも必ずしも言えない。外側からはそれを分かることはできないのは確か。
それに今回のような入団方法が来季以降も誰かがやるかもしれないという懸念がある。
実際ルール上は何の問題もないからどうしようもないのだけど、これがたくさん続くようだと問題になるだろうし。
これはあくまで大谷のケースだけであって、これが手段にならないことを願いたい。

それと日本の有望な人材の流出という問題もある。
ただでさえスター選手がメジャーに行って、日本のプロ野球の魅力というものが薄れてるのはもうあることだし、今後日本のプロ野球を経験しないでメジャーに挑戦するという人は必ず出てくると思う。
ポスティングシステムの件もそうだけど、ドラフトの件でも何かしらルール作りをしないといけないのかなとは思うわ。


大谷にはぜひ頑張ってもらって数年後この決断が正しかったということを実力で証明してもらいたい。
交流戦の日本ハム-阪神戦で大谷、藤浪の投げ合いが見れれば最高だ!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック