ダルビッシュ有、ポスティングでメジャー挑戦

ダルビッシュやっぱりメジャーか。
遅かれ早かれ、ある意味時間の問題だもんな。

単純に北海道民としては、エースが居なくなるのは寂しくなるし、戦力的にも相当痛いけど、これまでの貢献度を考えるとS級なのは間違いないし、札幌ドームで投げるダルビッシュもいいけど、メジャーで投げるダルビッシュも見てみたい。

まあ、メジャーのボールに慣れれば間違いなく通用するだろうし、ダルビッシュ本人の野球に対する取り組みの意識の高さは見てても分かるから、最初躓いたとしてもきっと対応するだろうし。
問題はどのチームに入って、どのくらいの成績を残せるかだ。

で、肝心のチームだけど、争奪戦は間違いないようで。
スポニチのサイトに獲得に乗り出しそうな球団名が載ってたけど、

・レンジャーズ
・ブルージェイズ
・ヤンキーズ
・レッドソックス
・カブス
・エンゼルス
・マリナーズ
・ナショナルズ
・オリオールズ

が挙げられているそう。
ポスティングなので、どこになるかは入札額次第。

その、入札額だけど、1億ドルとも言われているな。
ちなみにレッドソックスに行った松坂は、5111万ドル(当時約60億円)だったけど。

ただ、1億ドルでも超円高な現在だと、約78億円くらいだもんな。
日本ハム的には多額のお金が入ったとしても、このご時世だとちょっと複雑か?円高恐るべし。

果たしてどのチームが落札するか・・・


日本ハムとしてはエースが居なくなるのは大ダメージ。
ダルビッシュの稼いできた貯金がごっそり無くなるわけだからな。
おまけに今年のドラフトで菅野が入団拒否でダブルパンチかあ。

ハムの右投手には、ケッペル、ウルフの外国人右腕がいるけど、その次は斎藤佑ちゃん。
2年目の斎藤にエースの役割を請うのはちょっと酷だし、日本人右腕にエース候補がいないのは痛いな。

補強で補うのか、誰か出てくるのを期待するのか?
お金は入るけど、優勝を狙うとなると、ダルビッシュなしでは厳しいかな。

ただ、来年のパ・リーグ、優勝したソフトバンクも主力の移籍で戦力ダウンは否めないし、2位の日ハムもダルビッシュがいなくなるということで、混戦模様になるかもしれない。
3位の西武も中島が抜けるだろうから、オリックス、楽天、ロッテにとってはチャンスだな。

そういう意味ではパ・リーグは面白くなりそうだ。


西武・中島はヤンキースが入札

ヤンキースが入札ってちょっと意外だったな。
ただ、入札額は250万ドル(約1億8750万円)と決して高くないかと。
中島の今年の年俸は2億8千万+出来高より低いし。

さらにヤンキースは控えでの起用とのこと。
もちろん実力でポジションを奪えればいいのだけど、そこはヤンキース。
ショートにジーター、セカンドにカノ、サードにロドリゲスがいて、さらに控えにヌネスと内野陣の層は厚いかと。

あとは西武が入札に応じるかか?

日本人野手の評価ってやはり下がっているのが現実かな。
選手はたくさん行ったし、行ってるけど、まともに成績を残したのって、イチローと松井くらいだもんな。


横浜DeNA真田に入札球団なし

こっちは入札がなかったようで。
西武の三井以来か。


村田は巨人へ移籍、ラミレスは横浜が獲得

横浜でFAの村田が巨人に行って、巨人を退団したラミレスが横浜に。
これじゃあ実質トレードだな。
同じリーグで、チームが変わって、どちらが良い成績を残せるかだな。

巨人嫌いなので村田はあまり頑張らなくていいわ。
ラミレスは頑張れ!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック