巨人清武球団代表が渡辺恒雄を批判

昼に巨人からコンプライアンスに関する会見があるとネットで見て、何事か!?、栄養費か!?と思ったら、清武球団代表が球団の人事のことでナベツネに噛み付いた。
まさかの内部告発と。

事の経緯としては、

岡崎が1軍のヘッドコーチとして内定しているのに、ナベツネの鶴の一声で、江川をヘッドコーチにして岡崎を降格させるということに清武は納得が行かないということらしい。

簡単に言うと、お家騒動なんだけど、巨人だけではなく、プロ野球界に対して絶対的権力を持つナベツネに部下である清武が噛み付いたというところが大きいところかな。
巨人内部の問題なんだけど、内部だけだと自分が辞めるだけで終わるから、表に出したということみたいだし。

端から見てると、ナベツネの下はイエスマンしかいないという感じなんだけどな。
後から会見した桃井オーナーはいかにもそんな感じに見えたわ。
清武に何があったのかはわからないけど、余程のことだったのだろう。

ただ、一番のとばっちりは江川だな。
ナベツネの言うとおり、水面下では打診があったのかもしれないけど、これじゃあコーチ就任はできないわな。
当の江川本人も否定のコメントを出したし。

そして次に岡崎。
自分ところのトップからダメ判断を下されたら、やる気もおきないだろうに。
それでも、やるのかな?

この件がなかったら、原監督の後に江川監督があったかもしれないなとは思うけど、それも当分はなくなってしまったかな?
まあ、来年の巨人の成績次第なんだろうけど、今いるコーチとの来季の契約もまだみたいし、これからもゴタゴタが続きそうなので優勝はないな。

清武は球団代表を辞めないと言ってたけど、クビ覚悟での告発だろうし、これでもし清武がクビになるだけで事が収束したら、それはそれで巨人のイメージはガタ落ち。というか既に落ちてるか。
ほんと、巨人にとってはプラスは何一つないな。

なるとしたらナベツネが退くくらいか。
それが一番のような気がするし、ナベツネのお爺ちゃんもう85歳でしょ。
まだまだ元気なのは凄いと思うけど、さすがに口を挟まず、全てを後進に託してもいいのではと思うのけどな。

というか清武が人事について10月20日に話し合いに行っているのに、知らんというのは本当に忘れているだけなのではないかと思う。

果たしてどういう結末になるだろうか。
ドラフトといい巨人は踏んだり蹴ったりだな。ファンにちょっとだけ同情するわ。


ちなみに明日から日本シリーズだ。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック
11月11日、巨人軍から重大な発表があるとのことでしたが、内容はコーチ人事を覆すなどしたナベツネこと渡辺恒雄球団会長(85・読売新聞主筆)に対する清武英利・巨人軍球団代表(GM)による反乱でした。 これは、巨人軍における『ジャスミン革命』です。 清武G
  • 世事熟視〜コソダチP
  • 2011/11/11 9:25 PM
11日、巨人の清武英利代表が文部科学省で記者会見を行った。 その席で、コーチ人事に口を出した渡辺恒雄会長を強く批判した。    【送料無料】ナベツネだもの価格:1,050円(税込、送料別) 清武代表が渡辺会長批判=江川氏招聘めぐり対立−プロ野球・巨人(時事通
  • りゅうちゃん別館
  • 2011/11/12 9:50 AM
11日巨人の清武英利代表が午後2時に文部科学省の会見室で記者会見をを行い、 読売新聞社の渡辺恒雄会長に一軍ヘッドコーチは江川卓とし、 岡崎郁氏は降格とすると伝えた事に ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2011/11/12 2:14 PM