ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

ドラゴンクエストの新作、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が来たけど、ドラクエもオンラインか・・・



http://www.dqx.jp/

対応機種:Wii/Wii U
発売時期:(Wii版)2012年予定/(Wii U版)未定
希望小売価格・利用料金:(Wii版/Wii U版)未定

プレイに必要なもの
・インターネット接続環境
・Wii or WiiU
・ゲームソフト
・USBメモリー
・USBキーボード

ドラクエ新作キタ――(゚∀゚)――!!
オンラインかよズコー。

正直な感想です。
まさかのオンラインだったなあ。FFもだけど、何でナンバリングでオンラインにするかなあ。スクエニさんよ。

FF11もFF14もやってないけど、どうやらドラクエ10もやらないことになりそうかなあ!?
まあ、今日発表された概要を見る限りだと、ひとりでも楽しめるとあるのだけど・・・

ドラクエは1から9まで一通りやってきたけど、おっさんはドラクエを卒業する時が来たのかもしれない。
と言いつつ、FFのようにドラクエ11になったらまたオンラインじゃなくなるかもしれないから、その時に帰ってくるかもしれないけど。

それに今Wii持ってないし、ドラクエのためだけにWiiを買う気は全くないしな。
Wii Uでも出るとあるけど、Wii Uもう〜んという感じだからなあ。
PS3で出してくれたらと思ってしまうけど、その時一番普及しているハードで出すのがドラクエらしいし、Wiiで出すと言ってたからな。


いろいろ見るとWiiでオンラインということに不安要素があるらしいね。
WiiはHDDもないし、アップデートとかもどうなるのかとか。
USBメモリーがそれを補う役なのかと思うけど、USBメモリーってw

そして、商品概要ところに利用料金!
課金が来た。
アイテム課金なのか月額課金なのかまだ分からないけど、カキンカキンと課金が来るのは間違いないということで。

そこまでしてまでやりたいかと、背中を押す気にならないのが今のところだなあ。
おっさんとしては、そんなにゲームに時間を割けないし、のんびりシナリオを楽しみたいと思ったのだけど、どうやらドラクエもそうでない方向に進んでいるようだ。10でもクエストとか何やらイベントが満載らしいし。
9の時もやってて思ったけど、もっと肝心のシナリオを重厚かつ骨太なものして欲しいけど、願い叶わずだろうな。


ゲーム画面を見た感想としては8みたいだったな。
ドラクエだったけど、見た目の目新しさはあまり感じられなかったわ。
戦闘画面は、プレイヤーとゴーレムがくっつきすぎて、ゴーレムが歩くとプレイヤーが押し出されるのは何とかならんかと思った。距離感ね。
あと裁縫は笑ったわ。


発売時期はWii版が2012年とあったけど、Wii U版は未定とのこと。
どうせ出すなら同時にドーンっとほうがいいかなと思うけど、Wii Uの発売日もまだだからなのかなと。
それに2012年にきちんと出るのかも怪しいところだけど。Wii Uの発売に左右されるかもしれないな。


ドラクエだけにまあ売れることは売れるだろうけど、どこまで売れるかなあといったところだろうな。
200万本超えるかなあ!?

それと、発表直後のスクエニの株価急落が凄かった模様。
果たしてどうなることやら。


拾ったまとめ

・5つの大陸からなる「アストルティア」が舞台
・転職システム、新しい職業ある
・ドラクエ9以上のクエスト配信
・季節ごとにイベントあり
・他人と遊ばなくちゃいけないわけじゃない、ひとりでも100%楽しめる
・見慣れたコマンドだから古参もホイホイ
・お気軽にログアウトできる公式切断機能付き
・戦闘はシンボルエンカウント+画面切り替えありの時間制ターン
・他のプレイヤーの戦闘を近くから見れて、応援するとテンション上がる。
・戦闘中他プレイヤーは半透明に表示される。
・「助けをまつ」コマンド 他のプレーヤーに蘇生してもらえる。
・敵の体力は名前の色が変わる事で大体分かる。
・自分キャラを酒場に預けるとログアウト中にも他のプレイヤーに使ってもらえて成長する。
・武器や防具を作れる職業あり
・錬金、裁縫で作れる。武器に効果付加
・家を建てれる。内装外装作れる。
・開発状況 → もうしばらく待って
・WiiとWiiUで開発、WiiU版はPS3以上のグラ。同じ鯖同じ世界で遊べる
・3DSにキャラを移してすれちがい通信したデータをWiiに戻すと、
 すれちがったキャラとゲーム中で出会える
・Wii版のデータをWiiU版に引き継げる。
・βテスト開催http://www.dqx.jp/
・USBメモリ
・発売時期 2012年詳しくはwebで
・発表に岩田登場


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック