ニンテンドー3DS、1万円値下げ

3DS本体、1万円値下げで25,000円から一気に15,000円になった!
これはさすがにビックリ!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000015-mantan-game


3DSは今年の2月26に発売されたばかりで、わずか半年での大幅値下げ。
任天堂にしては思い切ったというか、もう勝負に出た感じなんだろうか?

けど、これまでに買った人にとっては涙目だよな。
特にフレアレッド買った人なんか、わずか2週間でこの仕打ちと思ってもしょうがないし。
こればっかりはさすがに同情するわ。

そのかわりというか、既存の購入者に対しては、バーチャルコンソールのソフトを無償配信だって。

ラインナップは、

ファミコン・バーチャルコンソールタイトル
・スーパーマリオブラザーズ
・ドンキーコングJR.
・バルーンファイト
・アイスクライマー
・ゼルダの伝説

ゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールタイトル
・スーパーマリオアドバンス3
・マリオカートアドバンス
・メトロイドフュージョン
・メイドインワリオ
・マリオvs.ドンキーコング

の他それぞれ10タイトルずつ、計20タイトルとのこと。
う〜ん、微妙というか懐かしのソフトばっかりですなあ。
果たしてこれで納得する人が何人いるかというレベルだと思うのだけど、納得せざるを得ないのがまた涙目なところで・・
というか、やっていることは先日のソニーの「感謝とおわびのパッケージ」と似てるぞ。


もう既に持っている人もそうだけど、中古販売店と転売屋も涙目だな。
中古屋さんなんかは買取価格を早速下げて対応してるようだし。
既に買い取った本体なんか15000円以下で売らないと在庫捌けないだろうし、どっちみち損なんだろうな。
今回の発表の影響はいろいろ大きそうだ。


これで、3DS本体が新品で15000円になるのだから、中古だとさらに1〜2割くらい下がるよな。
そう考えると実質発売当初に比べて価値が約半減かあ。半年前には想像もつかないことが起きている感じだな。

でも、そうでもしないとヤバイくらい売れてないというのが現実なのかな?
というより、遊びたいソフトがないというのがね。

そして今回の発表のページで、さりげなく下の方に、

『スーパーマリオ3Dランド』は今年11月に、『マリオカート7』は今年12月

と、アナウンスしているけど、マリオが出るまでは15000円になっても苦戦はしそうかなあ。
まあ、値下げをした分、やはりお得感はあるから現状よりは売れると思うけど、爆発的といったところまではさすがにな。
マリオが出たらソフトと同時に本体も結構売れるだろうけど、個人的にはマリオカート7までは待ちかな。

結局のところ任天堂的には年末マリオで勝負なんだろうな。
マリオだからまあ売れるだろうけど、これが売れないと本当にヤバイというのは否めないかな。
あとはもうポケモンくらいしかキラーソフトが思いつかん(最近のゲーム事情にそんなに詳しくないのもあるけど)。
もしかしたら任天堂以外のメーカーでキラーソフトを3DSで、という展開になる可能性はあるだろうけどな。

とにかくユーザーとしてはやはりソフトだよ、ソフト!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック