欧州CLグループリーグ第4節とパウル2世

サッカー欧州チャンピオンズリーグ、グループリーグの第4節が行われ、レアル・マドリード、チェルシー、バイエルン・ミュンヘンが決勝トーナメント進出を決めた。

A組
トットナム 3-1 インテル
ブレーメン 0-2 トゥエンテ

B組
ベンフィカ 4-3 リヨン
ハポエル 0-0 シャルケ

C組
ブルサスポル 0-3 マンチェスター・ユナイテッド
バレンシア 0-3 レンジャーズ

D組
コペンハーゲン 1-1 バルセロナ
ルビン・カザン 0-0 パナシナイコス

E組
バーゼル 2-3 ローマ
CFRクルージュ 0-4 バイエルン・ミュンヘン

F組
チェルシー 4-1 スパルタク・モスクワ
MSKジリナ 0-7 オリンピック・マルセイユ

G組
ミラン 2-2 レアル・マドリード
オセール 2-1 アヤックス

H組
シャフタール・ドネツク 2-1 アーセナル
パルチザン・ベオグラード 0-1 ブラガ


2日の試合、すぽるとで全試合ゴールシーンはやってくれるかと思ったけど、トットナムとインテルの試合しかやってくれなかった。

でも、トットナムのベイル凄いね。
すぽるとでも特集してたけど、あの上がりっぷりは脅威だわ。
一人スルーパスとかやってて、岡野かよと思ってしまったしw
近いうちにビッグクラブへ移籍しそうだな。
あと、トットナムはファン・デル・ファールトが点取ってるねえ。

3日の試合と合わせてだけど、第4節でレアル、チェルシー、バイエルンが決勝トーナメント進出を決めたわ。
この3チームはグループでもひとり勝ちだからな。
レアルとチェルシーが強いのはリーグ戦と同様だけど、バイエルンはリーグ戦7位といまいちな位置。
でも、CLは順調と。リーグ戦でもここから巻き返してくるだろうか?

あとはマンUがほぼ決勝トーナメントを手中にしている以外は、三つ巴か2位争いの展開だな。
強豪と言われているとこは順当に残りそうだけど、その中でミランが一番大変そうかなあ。

日本人で唯一出ている内田のシャルケは引き分けて2位キープ。
ただ、内田はドイツ誌キッカーが、

内田が相手から狙われ、前半18、29分に決定的シュートを許すきっかけになり、2度ともGKノイアーの好セーブが「内田のクビを守った」と報じた。

とあるように、評価はイマイチなよう。
しかもシャルケ、マガト軍曹に試合後グラウンド5周の制裁を受けたとか。
負けはしなかったけど・・・だな。

でも、シャルケ、リーグ戦では相変わらずヤバいので頑張らないといけない。
というか、リーグ戦だと得点数ビリなんだな。


タコのパウル2世

まさかの2世。
予想外だったわw

ただ、このパウル2世、占いをしてくれるかどうか分からないって、ニュースで言ってたな。
本来なら亡くなったパウルの手ほどきを受けて占いをする予定だったと言ってたけど、手ほどきって・・・

要するにマネさせるというか、あの占い形式の餌やりをやるということだと思うのだけど、パウル2世はまだ生後5ヶ月らしく、占いをやるとしてもまだ先のことらしい。

でも、タコの寿命は3年前後だから、ワールドカップブラジル大会は無理そうだな。
やるなら12年のユーロか?


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック