ジュビロ磐田が12年ぶりにナビスコカップ優勝

サッカーのナビスコカップ決勝は、ジュビロ磐田が延長戦5-3でサンフレッチェ広島を下し、12年ぶり2度目の優勝。MVPには2ゴールを挙げたジュビロの前田が選ばれた。

正直バカ試合だったなあ。
でも、見ている側としては計8ゴールも生まれたから面白かったわ。

Jリーグの順位だと、広島(9位)、磐田(11位)の試合だったんだな。

とにかく、磐田も広島も守備がひどかったな。ほぼノーガードの打ち合いだったし。
ほんと最後まで攻め合いの応酬だったわ。

どちらもサイドからの攻めが中心で、広島が山岸のゴールで逆転して最後まで逃げ切るかと思ったけど、そこに立ちはだかったのが日本代表の前田。
後半44分に同点に追いつき延長戦に突入。

延長線に入ってからも、試合展開は相変わらず、どちらも攻めろ攻めろだったのだけど、均衡を破ったのは磐田。
菅沼、山崎と立て続けに決めて広島を引き離したもんな。

でも、広島もあきらめず槙野の直接FKで1点差までに詰め寄るも、またしても前田が個人で決めて2点差に。

ただ、最後広島はPKを獲得したけど槙野がこれを外して試合終了と。


勝った磐田は途中から入った菅沼がチャンスメイクしたのと、やはり前田の存在が大きかったかな?
そして、川口PK強し!

敗れた広島は、槙野さんが良い意味でも悪い意味でも大活躍!
チームがゴールを決めてパフォーマンスを実行したけど、最初何のパフォーマンスか分からなかったぞ。
ハーフタイムのジョン・カビラの説明でやっと分かったわ。

それに槙野、直接FKを決めたのはカッコよかったけど、最後PKはずしたしなw
肝心の守備も5失点と、散々だったし。

槙野の攻撃力を生かすのも広島の特徴だと思うのだけど、あれだけ右に左と磐田にディフェンスを切り裂かれると厳しいものがあるなあ。

それとGKの西川がバタバタしすぎだったな。

優勝したのは磐田だったけど、広島のほうが目立ってたというか。
締まらなかった試合というのが率直な感想だったわ。


12年ぶりに優勝した磐田と磐田サポの皆さんおめでとうございます。


得点

前半36分(磐田)船谷
前半43分(広島)李
後半3分(広島)山岸
後半44分(磐田)前田
延前12分(磐田)菅沼
延前14分(磐田)山崎
延前18分(広島)槙野
延後4分(磐田)前田


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


※こちらからlivedoorブログの方へのトラックバックがうまくいきません。
トラックバックは受け付けていますので了承願います。
トラックバック
天気が良かったので、午前中から池袋へ買い物に行って(チャリンコ)、帰ると姪(2ちゃい)が遊びに来てて、そのあと無線LANの設定やらなんやらで、ほとんどテレビを観てない祝日の一日。 そんな中、明日のスポーツ紙の一面を飾りそうな試合がいろいろありましたねー
  • O塚政晴と愉快な仲間達
  • 2010/11/04 10:09 PM